福岡伸一のネット情報 | トレンドキーワード for Google

福岡伸一

福岡伸一さんの「動的平衡」 - HPO機密日誌

さらっと読めた。実際の「動的平衡」そのものを語っているのは、第八章。ほかは、雑誌掲載であったというだけあって、それぞれが独立した次章を扱っている。動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか作者: 福岡伸一出版社/メーカー: 木楽舎発売日: ...

2014_024 福岡伸一『動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト 』

... 的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト 』. 2014/04/20 読書 TSTJ, カズオ・イシグロ, ジャレド・ダイアモンド, 佐藤勝彦, 動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト, 千住博, 奥村靫正, 平野啓一郎, 木楽舎, 玄侑宗久, 福岡伸一, 隈研吾, 鶴岡真弓 ...

福岡伸一著『生物と無生物のあいだ』 - Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPAN

ips細胞やSTAP細胞の発見、アルツハイマーの原因遺伝子が特定されたり、最近では分子生物学の分野が活発になっているようなので、私の少しばかりの関心をもって『生物と無生物のあいだ』を読んでいます。 ワトソンとクリックの ...

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」 - Biblo

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」. 公開日: 2014/04/04 : ぶんちょう. 近年めざましい進歩を見せている分子生物学。本書はその分子生物学の基礎となるDNA、細胞、タンパク質の働きについて解説している。しかしこれはただの学問書ではない。滑らかに、 ...

ヒュー・ロフティング 福岡伸一『ドリトル先生航海記』|新潮社

小学生の頃にこの本と出会って以来、ずっとスタビンズ少年になりたかった。そしてドリトル先生のような博物学者になろうと決めた」という福岡伸一、長年の念願であった訳業なる! あらゆる子どもたちが出会うべき公正な大人、ドリトル先生の ...

behind the roof: 動的平衡 福岡伸一

動的平衡 福岡伸一. 1章では、記憶の仕組みを解説し、人間がなぜ人間が錯覚してしまうかを述べている。人間の体は分子で成り立っており、その分子は絶えず入れ替わっている。記憶はその分子をつなぐ神経細胞(シナプス)の回路の中に ...

福岡伸一「フェルメール 光の王国」 - 読書日記

生物学者でありながら「小説家の文章」を書いてしまう希有な著者、福岡伸一によるフェルメール紀行。世界中に散らばったフェルメール作品を、所蔵している美術館において鑑賞するという贅沢な企画である。ANAの機内誌「翼の王国」に連載 ...

THE MUSIC PLANT 日記: 福岡伸一先生の「動的平衡」読みました

福岡伸一先生の「動的平衡」読みました. いや〜福岡先生マイブーム、まだまだ続行中! この本もほんとに面白い。まぁ「生物と無生物〜」の方が興味深くスリリングだったけど、これは雑誌の連載をまとめたものらしく、分かりやすく、読みやすい ...

福岡伸一「ルリボシカミキリの青」 - 読書日記

その中で福岡伸一の本は、群を抜いて面白く、わかりやすい。その理由は文章のうまさ。小説家を思わせるような透明で端正な文章で語られる生物学の世界は、美しく豊かで、驚異に満ちている。カミキリムシは、少年時代、カブトムシやクワガタ ...

生きてるって、すごい!! 福岡伸一「生物と無生物のあいだ」を読みました

このブログって、基本的にはTHE MUSIC PLANTのミュージシャンに興味がある人が見てくれているのだという事を前提に、私も自分の仕事の一部だと認識しているのだけど、時々とてつもなくアクセス数が増えることがあって、それは映画の ...

問い合わせはこちらから