白洲正子のネット情報 | トレンドキーワード for Google

白洲正子

かくれ里(白洲正子) - りぼんの読書ノート - Yahoo!ブログ

大阪万博の前後といいますから、1970年ころ。日本が高度経済成長に沸いていた時代に、近江・京都・大和・越前の「かくれ里」を歩いて古典の美と村人たちの魂に深々と触れた紀行文集は、読売文学賞を受賞して、白洲さんの随筆の代表作 ...

白洲正子の「ざまぁ見ろ!」: 合理的な愚か者の好奇心

白洲正子の「ざまぁ見ろ!」 また、更新が止まりまして申し訳ありません。 こういう場合は、例によって「困ったときの時間厳守子さん頼み」。相変わらず鋭い評論を量産している時間厳守子さんの記事から選りすぐりを引用させてもらうこととしました ...

「ひたすら確かなものが見たい 白洲正子」を読んで 風を待ちながら ...

風を待ちながら・・・の「ひたすら確かなものが見たい 白洲正子」を読んでに関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)白洲正子の骨董の師匠が青山二郎であるのは有名な話だけれど、骨董によって文学を知ったと自ら語った小 ...

問はず語り 「きもの美」(白洲正子

私は気になった作家の本をまとめ読みする癖がある。 ここしばらくは、白洲正子さんの本ばかり読んでいる気がする。 巻頭の写真が二色刷りなのは残念だが、着物についての知識やお店を始めた頃の苦労がわかりやすく書かれていて、面白い ...

問はず語り 「心に残る人々」(白洲正子

心に残る人々」(白洲正子). 白洲さんが著名人を訪ねて、その人について語ったエッセイ集。 小林秀雄、青山二郎など、白洲さんのエッセイによく登場する人や、井上八千代、梅若実、室生犀星、岡本太郎、細川護立、吉田茂などについても書 ...

問はず語り 「木」(白洲正子

木」(白洲正子). 木についてのエッセイ。 と言っても、学術的な説明がしてあるわけではなく、木にまつわるエピソード、体験談、マメ知識などが書かれている。 御神木というくらいだし、木には神様が宿っているのかもしれないなぁ、なんて柄にも ...

白洲正子『ほんもの―白洲次郎のことなど―』|新潮社

私はひたすら確かなものが見たいと思った」。おしゃれ、結婚、死生観、昭和について、そして白洲次郎、小林秀雄、青山二郎、吉田健一、洲之内徹ら、作者が見据えた〈危険なほんもの〉たちの生と死と、その懐かしい風貌姿勢を、ハードボイルド ...

白洲正子自伝 - 読書の記録 - Yahoo!ブログ

育ちが雲の上。 日本にもこういう階層があったんだなぁ。

白洲正子能面学」と「面打ち」-011 - Gooブログ

白洲正子能面学」と「面打ち」 お知らせ 次回ブログの更改は2014-07-04です。 2014-06-20 日本 VS ギリシャ 0-0 ...

白洲正子能面学」と「面打ち」-010 - Gooブログ

白洲正子能面学」と「面打ち」. -010. 白地 廿八宿星 長絹. ↑. 観世流宗家に伝わる能装束. 「面」について. 面の種類. 「能楽では能面を、狂言では狂言面を使用する」. これは果たして正しいことだろうか。厳密に考えると正しくはない。 翁-02.

問い合わせはこちらから